暮らしを大切にできる 一杯のお茶

清水茶寮(せいすいさりょう)は、

自然の力(無農薬・無肥料)で育った茶葉による、手作りの煎茶、昔ながらの製法で作る煎茶や焙じ茶、品種の個性を活かして作られるお茶、挽きたての抹茶、有機農法(バイオダイナミック農法)によるお茶・ハーブなどをご用意して、日本のお茶の美味しさをご紹介しております。

 

多忙な生活の中で、一杯のお茶を飲んで「ひと心地」つくことは、「生きやすさ」につながります。どうぞ、心を込めて仕上げたお茶を、日々の大切な暮らしにお役立て下さい。

 

 

清水茶寮 店主


お知らせ

6.13

 

 

 

 

 

 

 

 

5.7

 

 

 

 

 

 

 4.29

 

 

 

 

ただ今静岡の小柳さんのおすすめの新茶はこちらです。

<藤かおり(緑茶)>、<べにふうき(緑茶)>

コクのある美味しい日本茶。熱い一杯の余韻は爽やかです。

 

奥伊勢の煎茶<在来種>も<やぶきた>も、新茶ならではの涼やかな美味しさ。今年は腐葉土の肥料も控え、出来るだけ自然に近い状態で、成長を見守ったというお茶。冷茶にもおすすめです。湿度で体がだるくなり始めたな、と感じていらた、熱い一杯でどうぞ。

 

久ぶりに林業家の池谷さんから、<山からの便り その30 2021年春の巻>

  〜本を出版した!〜 が届きました。この本の出版と合わせるように、演劇集団円で、林業を営む一家の物語 “光射ス森” が上演されました。ただ今丁度、円のHPでこの“光射すス森”のダイジェスト版(30分)を見ることが出来ます。お便りと一緒にこちらも合わせて、ぜひぜひご覧ください。なかなか知ることのない、山の仕事の日常を知ることが出来ます。

 

うみ風ハーブ園より便りが届きました。<初夏の匂いのハーブ園>です。

爽やかな新緑の季節を届けてくれる<カミツレ茶>の入荷は間近。麦茶の原料となる、二条大麦は順調に成長して収穫まであと少し。もう1つの原料となる六条大麦も順調に成長しているようです。生き生きとしたハーブ園からのお便りは、元気も一緒に届いてきました。

 


その他、多数のお茶を取り扱っております。

通信販売のサイトは上のバナーをクリックすると別ページで開きます。

*お茶の詳細や美味しい入れ方はこちらから*

今の季節のおすすめ

阿蘇の農園煎茶

バイオダイナミック農法(天然の数種類の素材から作る肥料を施す農法)による煎茶です。高地でゆっくりと育つ葉を、蒸し製法で仕上げたお茶です。しっかりとしたこくがあり、日本茶ならではの爽やかな渋み、甘みが楽しめます。すっきりと、胸のつかえなく飲める、飽きのこない煎茶です。
通信販売はこちらからどうぞ

■店主のおすすめ■

ホーリーバジル

バイオダイナミック農法で育った、免疫力を高め、効能多く使われるハーブす。

果実とスパイシーな香りが特徴。今の時期好評です。

<詳細はこちら

 べにふうき(紅茶)

ハチミツのようなこっくりとした甘みが楽しめます。渋みが弱く、朝にも、甘いおやつがほしくなった時にもおすすめの一杯です。

朝 霧

古代神話の残る川近くで育った在来種のお茶です。伝統の製法で仕上げた煎茶は、無農薬・無肥料の自然の味わいが楽しめます。

<詳細はこちら>

 


読み物