熊本の在来種のお茶や、昔ながらの釜炒り製法によるお茶をご紹介しています。

ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひお試し下さい。

 

熊本のお茶をまとめたページを作りました

暮らしを大切にできる 一杯のお茶

 

 

清水茶寮(せいすいさりょう)では、

無農薬・無肥料の、昔ながらの製法のお茶をはじめ、品種のもつ個性を活かして作られた煎茶、挽きたての抹茶、有機農法(バイオダイナミック農法)によるハーブなどをご用意して、

日本のお茶の美味しさをご紹介しております。

作り手のお茶への思いや現状をお伝えしながら、お茶会やお稽古も行っております。

多忙な生活の中で、一杯のお茶を飲んで「ひと心地」つくことは、「生きやすさ」につながります。

どうぞ、心を込めて仕上げたお茶を、日々の大切な暮らしにお役立て下さい。

インターネットからのご注文は、左のバナーをクリックして下さい。

 




 


清水茶寮 店主

 

 

  

9/16: 昨年の熊本地震を乗り越えて、奥阿蘇から新しいお茶を紹介です。

   <阿蘇山麓 在来釜炒り煎茶>

   このお茶も、無農薬・無肥料。自然まかせにゆっくり育った茶葉を

   釜炒り製法で仕上げました。釜炒り茶ならではの美味しさをお楽し

   みいただけます。

 

   気分をすっきりさせる爽やかな<ミント茶>

   気分を明るく穏やかにさせる甘いレモンの香りの<レモンバーベナ>

   入荷しました! 今年もとてもよい仕上がりです。

 

   8月に販売を開始した

   <奥伊勢 栗谷煎茶> と <奥伊勢 小切畑煎茶> が

   どちらも好評です。浅く蒸して作った緑茶は、昔ながらの味わいで、

   すっきりとした飲み心地です。どちらも無農薬栽培、落ち葉の堆肥だけで

   育ったお茶です。いつでも飲める、日常茶におすすめです。   

 

9 / 4: うみ風ハーブ園よりお便りが届きました。

          <夏の終わりとメントールの香り>です。

   今年はミントがたくさん収穫出来そうです。

   うみ風ハーブ園独特の、爽やかなミントティーの到着が楽しみです!

 

7/11: 山からの便り その25  2017年夏の巻
     ~出陣学徒「さん」の消息を尋ねて~
    が届いています。本格的な暑さがはじまり、来月15日は終戦記念日。

    戦争について、考えさせられるお便りです。ご一読下さい。  

 

6/ 8 :静岡県の藤枝市の新茶販売始めました

   <藤かおり(緑茶>はこのお茶らしい香りと余韻が楽しめます。 

   <紅蘭(紅茶)>はこくがありとても甘い仕上がりです。

   <べにふうき(紅茶)>も花のような香りがあり、

   余韻が爽やかでおすすめです。

   久しぶりに早い段階で<大井川(半発酵)>を販売します。

   新茶のフレッシュ感をお楽しみ下さい。

   <玉蘭>は評判のよいお茶ですが、今年は製造出来ず販売なしです。

 

お知らせ

今の季節のおすすめ

バイオダイナミック農法で育った<ハブ茶> 

ハブ茶には、滋養強壮、便秘解消、肝臓病予防、体を緩める等、他にも様々な効能がいわれています。
今年は焙煎の塩梅が一段と良いように思います。エビスグサの成長も良かったのかもしれません。とても風味がよく美味しく仕上がっています。
ぜひお試し下さい。

通信販売はこちらからどうぞ

 

■店主のおすすめ■

    日 常

熊本の在来種の茶葉を、香ばしく仕上げた煎茶です。喉越し良く、胃に負担なく楽しめます

<詳細>

        朝 霧

無農薬・無肥料で育った熊本の在来種の釜炒り煎茶です。透明感と爽やかな余韻をお楽し頂けます

<詳細>

   BD農法のミント茶

疲労回復に役立つミント。うみ風のミントは苦手な人でも美味しい!と思わせるすごいミントです!!

<詳細>


その他、多数のお茶を取り扱っております。

通信販売のサイトは上のバナーをクリックすると別ページで開きます。

*お茶の詳細や美味しい入れ方はこちらから*

お茶で集う会

手作りのお茶のほとんどは、おじいちゃん達世代が、手間隙惜しまず作ってくれています。茶葉一枚が、大事に思えるお茶です。そうしたお茶を、毎月、季節に合わせてテーマを決め、和やかに楽しめる会を開いております。お茶を楽しむことは、風土の味わいを楽しむこと、とも思っております。時には日常から少し離れ、くつろいだ雰囲気の中で自然の恵をお楽しみ下さい。

 <詳しくはこちら>

 

茶道・煎茶のお稽古

自然を感じる静けさの中にあって、一服のお茶を点てたり、和やかな雰囲気の中で、一滴のお茶を楽しむことで日常から少し離れると、たとえ重い気分でいらしても、こうした時間を過ごした後は、気持ちが少し楽になったりも致します。 抹茶にしろ、煎茶にしろ、 日本茶のつくる時間をお過ごし頂きたく、一度切りでもよし、時々通うもよし、続けて通うもよし、茶筌を振ってみるもよし、お茶を飲むだけもよしのお稽古です。 

<詳しくはこちら