熊本の在来種のお茶や、昔ながらの釜炒り製法によるお茶をご紹介しています。

ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひお試し下さい。

 

熊本のお茶をまとめたページを作りました

暮らしを大切にできる 一杯のお茶

 

 

清水茶寮(せいすいさりょう)では、

無農薬・無肥料の、昔ながらの製法のお茶をはじめ、品種のもつ個性を活かして作られた煎茶、挽きたての抹茶、有機農法(バイオダイナミック農法)によるハーブなどをご用意して、

日本のお茶の美味しさをご紹介しております。

作り手のお茶への思いや現状をお伝えしながら、お茶会やお稽古も行っております。

多忙な生活の中で、一杯のお茶を飲んで「ひと心地」つくことは、「生きやすさ」につながります。

どうぞ、心を込めて仕上げたお茶を、日々の大切な暮らしにお役立て下さい。

インターネットからのご注文は、左のバナーをクリックして下さい。

 




 


清水茶寮 店主

 

さ 

2020. 8. 9 :春から寝かせておいた2020年仕上がりの[べにふうき(紅茶]

        販売始めました!

        今年は蜜のような甘さが濃厚に楽しめます。

        2煎目を水出しにしても美味しいです。お試し下さい。

 

    8. 7:お待たせいたしました!

       緑肥や草によって肥沃な土壌づくりを続けている、

       熊本県の<阿蘇の農園 焙じ茶>が入荷しました。

       今年は試みとして、一番茶で作った焙じ茶。

       フラットな香ばしいという香りだけでなく、

       ふくよかで、しみじみと体に馴染む美味しさに仕上がっています。

       <阿蘇の農園 煎茶>も好評。

       どちらもおすすめです。

 

      :三重県の小切畑地区の<在来種煎茶>、<やぶきた煎茶> 

       野趣ある在来種と、まろやかな甘みのやぶきた品種茶。

       どちらもフレッシュ感があり、花の香りを感じる、と好評です。

  

    3.30:うみ風ハーブ園よりお便りが届きました。。

         ~成長する春の畑の植物たち~ です

       宮崎の畑は例年とかわらぬ春。

       成長を始めた植物たちであふれているようです。

       春のスタートはカモミール(カミツレ)です。

       早く皆様に免疫力があがるような、よい香りの

       ハーブをお届けしたいと、作り手さんは作業に

       励んでいます。 お楽しみに!

   

      9.15:山からのたより その29 2019年初秋の巻

        ~山の木を出荷するとき~ です

       代々に渡って木を育て、それをようやく出荷、販売する

       今回はその30年前の様子を書いて下さいました。

       当時の場面を興味深く思い描けるようなお便りの中で、

       育林、林業への深い尊敬の心も伝わってまいります。

       身近な大事なお話として、どうぞご一読下さい。

今の季節のおすすめ

 野生の詩

宮崎県の秘境の山地と愛媛県の県境の山地のお茶を合わせたお茶です。野趣に富んだ豊かな滋味が味わえます。

手軽にマグカップに二つまみの茶葉を入れて、熱湯を注いでしばらく置くだけでも、その風味が楽しめます。

自然のままに、無農薬、無肥料で育った茶葉を、その土地ならではの手作りによるお茶のハーモニーは、お茶が一層力強くなると思いきや、優しい味わいにまとまりました。

日本の山が育てた茶葉の味を、どうぞお試し下さい。
              通信販売はこちらからどうぞ

    ハブ茶

BD農法で育ったハブ茶です。昔から薬草茶として飲まれており、多くの効能をもつお茶。手作業で炒り上げた実は、香ばしい美味しさです。

 <詳細はこちらです>

     ミント茶

BD農法で育った、喉を潤し、疲れを吹き飛ばしてくれる爽やかなミント茶。イライラや不安な気分の時に気分を穏やかにしてくれます。
 <詳細はこちらです>

   赤ちゃん晩茶

太陽の恵みを十分に受けて成熟した、ミネラル豊富な葉を真夏に狩り、蒸して、天日干し、焙じて作り上げられる素朴なお茶です。

 <詳細はこちらです>

 


その他、多数のお茶を取り扱っております。

通信販売のサイトは上のバナーをクリックすると別ページで開きます。

*お茶の詳細や美味しい入れ方はこちらから*

お茶で集う会

手作りのお茶のほとんどは、おじいちゃん達世代が、手間隙惜しまず作ってくれています。茶葉一枚が、大事に思えるお茶です。そうしたお茶を、毎月、季節に合わせてテーマを決め、和やかに楽しめる会を開いております。お茶を楽しむことは、風土の味わいを楽しむこと、とも思っております。時には日常から少し離れ、くつろいだ雰囲気の中で自然の恵をお楽しみ下さい。

 <詳しくはこちら>

 

茶道・煎茶のお稽古

自然を感じる静けさの中にあって、一服のお茶を点てたり、和やかな雰囲気の中で、一滴のお茶を楽しむことで日常から少し離れると、たとえ重い気分でいらしても、こうした時間を過ごした後は、気持ちが少し楽になったりも致します。 抹茶にしろ、煎茶にしろ、 日本茶のつくる時間をお過ごし頂きたく、一度切りでもよし、時々通うもよし、続けて通うもよし、茶筌を振ってみるもよし、お茶を飲むだけもよしのお稽古です。 

<詳しくはこちら